プリンリサーチ

<   2013年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧




リゾームライブラリー

この図書館に蔓延する地獄のボキャブラリー
金延幸子は「時にまかせて」の一曲だけで全てだめにした

限りなく終電に近い始発で駆けつけても整理券は17番

カイカン・・・

膨張色の上着をイスにかけ棚つたう蟹になる
(言いにくい事だがこのときの上着はKarl Kaniである)

分野別インデックスに噛んでたガムを平たく伸ばし
都市・交通・通信のコーナーへ最短距離をゆく
最短距離といっても
この図書館を横断する気迫のホバークラフトに
自動運転ボタンがあるだけね

よく使う駅の放置自転車の台数の推移を調べたくて
特に私たちの90年代の台数の推移を
Oh sweet nineties,
She ain't got nineties at all.
(二回繰り返す)

限りなく終電に近い始発で駆けつけても整理券は17番
膨張色の上着をイスにかけ棚つたう蟹になる

この図書館に蔓延する地獄のボキャブラリー
いま思うと金延幸子は「時にまかせて」の一曲だけで全てだめにした
サニーデイサービスにもそういう最低の一曲があったはずで
いま調べてみたけどうろ覚えで見当たらない

私はハシッシを吸引しながらこれを書いている
全て時が解決してくれる
時にまかせて

時にまかせて
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-29 22:31

てんしんくんシリーズその16

「ハイルてんしんくん!!!!!!」
「ハイルてんしんくん!!!!!!」
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-26 22:49

元メンバーの1人は秋田でスーパーにチラシを貼ってピアノの先生をしている

名古屋芸術大学の学生を中心に碧南で活動を始めて現在はメンバーが秋田とか東京とか名古屋の港区とかに散らばってしまったyoruというバンドの久しぶりのライブを碧南の食堂で見た。
yoruはそのバンド名から十分察することのできる様に、ジェネラルなバンドのノリよりもどこかコンテンポラリー的なものに従事していたい(ナディフで取り扱われたいとかそういう)下心が全て悪い方にいったようなすかしたバンドだった。
その日はドローンっぽいロングトーンのギターとフミノスケみたいな小憎たらしい裏声のボーカル(島田)とカントリー風のくぐもったギターのアルペジオ(日高)という、ダウンストロークのみのパンクが好きな私からしたら身の毛もよだつ様な二人編成だったけど、地元でしかもなぜかyoruがトリという事もあり、お客さんたちはそういうムカつくとこも含めて全部抱きしめてる感じだった。
白眉は途中でやった「まっぴるまーからビールと焼酎を飲んでぷらぷらぷらぷら踊ろよ」という全ての洗練を投げ打ったような歌で、徐々に客席のボルテージがあがり、島田ー!と叫ぶ男もいた。
何曲かまたすかしたインストをやったあとまさかのアンコール、そして再アンコール、やる曲がなくなった様で、日高と話し合ってから島田がギターを弾き始め、言った。
「みなさん今日はありがとう!それでは聴いてください!ビールと焼酎!」と言ってあの歌を歌いだした時に私達は吹き出すようにして笑った。あの曲は『ビールと焼酎』というタイトルなんだ!
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-25 13:41

新譜

鮮烈なデビューEP『terrapins found us』以来、一貫してボーカルが「カバディ」しか言わないという点で、とうのむかしに賞味期限切れとなった音楽ジャンルにアクチュアリティーを取り戻させた多治見出身の地中海というシューゲイザーバンドが、日本カバディ協会からの執拗なアプローチを断り続け、つまりスポーツとしてのカバディと歌詞の「カバディ」の関連性を否定し続けながら、次々と発表するレコードがことごとくレイダー(※1)風に「カバディカバディカバディカバディカバディカバディ・・・」と言っている為、協会の会長である池永さん(ちなみに帝京大学の理事長でもあります)は今もHMVの視聴機でひとり地中海を聴きながら、
「うーん、これ絶対キャント(※2)だよなあ」
と言ってて、ついでに一緒の視聴機に入ってるgang gang dance『God's money』の再発も聴いて、これはキャントじゃない、でもう一回地中海、うん、これは絶対にキャント!って思ってる。

※1 競技カバディにおける攻撃側の呼称
※2 レイダーが相手陣地に入った時にする「カバディカバディ…」という連呼のこと
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-12 23:44

餅の焼却

ドミノも上手く置けず飛べず
鳥の網膜
ソチを諦めないでキャンプ張ろう高地に

ソチどこやねん調べる気にもならんわ

ポリオも上手く打てず抜けず
餅の焼却
不活化七輪鼻で吸い予防しようまだ見ぬ症候群

メヨコラソンバガボンド歌うな餅焼くときばかりは
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-01 16:32

しゃむかっつなう

27日、私は大曽根で仕事をしてて、鶴舞で憎き無免許医師シャムキャッツがライブをやってて、月末だし行けないと思ってたけど、一本道で千種を越えればすぐだし、ちょっと中抜けして行くことにした。

題してシャムキャッツ占い。
ちゃんと当日でチャージを払って、途中の三曲だけ見てすぐ退場、その三曲を肝に命じて明日から生きるというルールを設けた。
曲の途中だったらどうカウントしようか心配だったけど、KDハポンの扉を開けたら夏目くんがMCしてたからラッキーだった。

カウンターのモモジさんは、私のプランを全て見切っているかのような対応だった。私とモモジさんの関係はにわか仕込みではないのである。ある深夜の東名高速下り、運転手モモジさんが初めてホライズン山下宅配便の音楽を聴いた時に助手席にいたのは私だったし、私がシャムキャッツにもらった『もちろんちょうだい』というCDRを最初に聴いた時には即座にモモジさんが喜びそうと思った。

占いの結果は、天気がいいという曲→アメリカに行きたいという曲→なんとなくいけそうな気がするという曲で、どう贔屓目に見ても大吉だった。東京から来た4人の顔を順番にしっかり見た。
私の左斜め前で真っ赤な服を着てキャップを被ってるお兄さんのノリがうっとうしくて武部くんに見えたけど、あんな太ってないわな、と思った。twitterを見たら武部くんがまさしくその赤鬼のアングルから撮った写真と一緒に「しゃむかっつなう(=^ェ^=)」とツイートしていた。
アメリカまで私の隣で私のようにむすっと腕組みで見てたお兄さんがいて、私はその人が実は無礼者だという事を知っていた。
三曲目でギターの菅原くんが少しよろめいた時に無礼者が「おっ」という反応を急にして無礼をするタイミングをうかがい始めた。
そこから騒ぎのあと夏目くんが「ぶれいもの~~~~!」と言って藤村くんがよーーっぽんっと鼓を鳴らす恒例の流れも見れた。
ハポンを出る前にドリンクのおはじきを誰かに渡したかったけどキザになる恐れがあってためらった。そうしたら気の良さそうなお兄さん(鼻が見たことのない大きさだった)がいたからこの人なら良くしてくれるだろうと思っておはじきをあげた。
大曽根に戻るときにものすごい月が見えた。
たまごぼーろムーンである。
[PR]



by puddingreseach | 2013-03-01 12:20

チェーン店のレビュー、ポエム、友達が言ってた事など
by puddingreseach
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

来ちゃうバージョン
at 2015-09-22 15:04
ジョンのサンワンマン7/4
at 2015-06-30 16:52
19/100 最後の縮毛 その2
at 2014-11-09 17:36
18/100 最後の縮毛 その1
at 2014-11-04 12:11
9/100 セイハロー
at 2013-11-25 14:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧