プリンリサーチ

6/100 デビュー

2003年夏
中京大学の学生達が主催したコンサートが今池の芸音(キノシタホールの地下)で行われ、ジョンのサンは欣司のコネで出させてもらった。
一年間練習してとうとう人前で演奏することになったので、私達は吉川家近くのガストで曲順を考えて、最初で最後になるかも知れないライブをどうやればいいか話し合った。
ちなみに私達はこのころから何かある度にこのガスト香久山店で話し合いをするようになり、紙ナプキンに色々なアイデアを書いて持ち帰った。スタジオに何回入っても進歩しなかったのにガストに行くと一気に動き出したりした。
また、ある若い男性店員の接客があまりに良かったため、テーブルを離れるとき紙ナプキンに応援メッセージを書き置きして、店の外からみんなでリアクションをこっそり見たのもこの頃だった。手紙に気付き皿を片付ける手が止まった時はワクワクした。そんな行いをしてる時も私達はあくまで下衆だったので、追伸で店長の悪口を書いて、ですよね?という風に同意を求めた。こうすることでこの手紙がバックヤードでこの店員さんの成功事例として公式に共有されることが回避され、手紙を宛先にだけ届けることができた。

この時の話し合いで決まったことは主に2つだった。
ノルマなどが無いし演奏にも自信が無いから、貢献するために友達をなるべく多く呼ぶこと。
ライブというものを履き違えてる人達みたいにするために4人ともが親を呼ぶこと。
私達は一出演者に過ぎなかったけど、このイベントを「ジョンのサンの授業参観」と名付け、舞台上手にそのように毛筆で縦書きしためくりを置いた。

私達の友人や家族で会場がいい感じに埋まった。
私の祖母は大きなつばつきの帽子に花柄のワンピース、ベージュのズックで登場した。
メロコアのバンドが主催だと聞いたけどその人達はトリで、一組めと二組めは皆スーツでビジュアル系のバンドだった。
私達は演奏後、オリジナルのポケットティッシュを配り、自作のTシャツを販売した。
曲はコピーばかりだった。
私の父は、「君達が一番クレバーだったね」と言った。
その日からまた半年間queに通って、誰にも見てもらわずに4人だけで過ごした。
[PR]



by puddingreseach | 2013-04-28 17:12

チェーン店のレビュー、ポエム、友達が言ってた事など
by puddingreseach
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

来ちゃうバージョン
at 2015-09-22 15:04
ジョンのサンワンマン7/4
at 2015-06-30 16:52
19/100 最後の縮毛 その2
at 2014-11-09 17:36
18/100 最後の縮毛 その1
at 2014-11-04 12:11
9/100 セイハロー
at 2013-11-25 14:43

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧